かもめ句会作品集(2018年度)

【2019年2月句会】

梅林や屋台で出会う馴染顔
  平林 久枝
においたつ夜の梅林抜けにけり
   石川 毅(つよし)
浅春やパリを歩きし友の逝く
    三浦 まり子
残雪の割れ目に芽吹くふきのとう
   杉山 朝子
梅郷や谷間に生える青梅線
   田中 聖夫(たかお)
白杖に蕗のとう置く道の駅
   埜崎 寿江(ひさえ)
爺婆の越生梅林声高し
   宮田 千代子
隣家をつなぐ小土手や蕗のとう
   佐々木 榮
春浅し三浦の空は祭り色
   小竹 あけみ
梅林や振りそできそう孫むすめ
   小野 瑛子
ほろ苦き母の小言や福寿草
   南口(なんこう)圭子
ふきのとうそこだけにある日差しかな
   小泉 淳子

【2019年1月句会】

初雀声する方に耳すます
   平林 久枝
米粒を庭に投げたら初雀
   石川 毅(つよし)
寝正月夢で会いたい父と母
   三浦 まり子
寝正月おしゃべり人形お友達
   杉山 朝子
紅白は見ざる聞かざる寝正月
   田中 聖夫(たかお)
音も無く片付け済んで寝正月
   埜崎 寿江(ひさえ)
一番に挨拶受けし初雀
   宮田 千代子
変りなき庭に小太り初雀
   佐々木 榮
初空や老いても亥年まっしぐら
   小竹 あけみ
寝正月猫だけ居間で食事中
   小野 瑛子
靴脱ぎに仲良く揃う初雀
   南口(なんこう)圭子
初雀地道にチョンと歩きをり
   小泉 淳子

【2018年11月句会】

得意げに田畑を守る案山子かな
   平林 久枝
父に似た案山子のにらむ田んぼかな
   石川 毅(つよし)
枯葉踏み枯葉色した猫がゆく
   三浦 まり子
ひだまりの落葉踏みしめほっかほっか
   杉山 朝子
日向ぼこねこ伸び伸びて八頭身
   田中 聖夫(たかお)
自転車の籠に二、三の柿落葉
   埜崎 寿江(ひさえ)
見覚えの衣裳をまとう案山子かな
   宮田 千代子
嫁ぎ来て猫に寄り添う日向ぼこ
   佐々木 榮
背な向けて日向ぼこする駅ホーム
   小竹 あけみ
リハビリや落葉集めし袋づめ
   小野 瑛子
子どもらに木の葉隠れの平和森
   南口(なんこう)圭子
人間の開きとなりて日向ぼこ
   小泉 淳子

【2018年10月句会】

爽やかな彼と出会ったあのホーム
   平林 久枝
還暦やサンマのわたの旨さ知る
   石川 毅(つよし)
ふるまいの目黒のサンマ人のうず
   三浦 まり子
どんぐりを粉に戦後のおやきだよ
   杉山 朝子
団栗の細身太身と手に握る
   田中 聖夫(たかお)
輪になって園児は秋刀魚うまく食べ
   埜崎 寿江(ひさえ)
にらんでるお頭付きのサンマかな
   宮田 千代子
どんぐりの独楽に変身子供会
   佐々木 榮
抜けてゆく赤い鳥居の風さやか
   小竹 あけみ
ドングリや競いて拾う夕御苑
   小野 瑛子
団栗やのっぽにずんぐり平和森
   南口(なんこう)圭子
丸皿にピンとはみ出るサンマかな
   小泉 淳子

【2018年9月句会】

縁側の足はぶらぶら虫の声
   平林 久枝
台風のおきみやげかなゴム草履
   石川 毅(つよし)
名月を愛でつつ終るジャズフェスタ
   三浦 まり子
台風に瓦を飛ばす力かな
   杉山 朝子
ファーブルの耳はいかがか虫の声
   田中 聖夫(たかお)
人住まぬ屋敷に虫の声高し
   埜崎 寿江(ひさえ)
名月に重ねて見るは母の顔
   宮田 千代子
名月を連れて潜り戸里がえり
   佐々木 榮
台風の道にらみつつ旅支度
   小竹 あけみ
名月や綠道みつけ缶ビール
   小野 瑛子
虫の声迎えてくれる帰り道
   南口(なんこう)圭子
名月に涙鎮めてコンビニへ
   小泉 淳子

【2018年7月句会】

手花火をこぼし続ける夜の海
   平林 久枝
完熟のトマトほおばり息をつく
   石川 毅(つよし)
炎天下一杯の水受けにけり
   三浦 まり子
まき背おい山道いく度炎天下
   杉山 朝子
いわし雲降伏遅きに失したり
   田中 聖夫(たかお)
ミニトマトつかみ取りなる道の駅
   埜崎 寿江(ひさえ)
味見する世界のトマト市場かな
   宮田 千代子
炎天やすぐ終わりたるかくれんぼ
   佐々木 榮
右左赤赤玉のトマト狩り
   小竹 あけみ
青臭きトマト食むなり幼き日
   小野 瑛子
炎天下ガイドヘルパーチャリで行く
   南口(なんこう)圭子
大花火正座の母の笑み深し
   小泉 淳子

【2018年6月句会】

今だ見ぬ声を聞きたやほととぎす
   平林 久枝
つゆどきの鎌倉巡る初デート
   石川 毅(つよし)
あの声で朝来て鳴くや時鳥
   三浦 まり子
かやぶきの家の茸や梅雨半ば
   杉山 朝子
子規庵にきて囀るやホトトギス
   田中 聖夫(たかお)
湯の里の暗闇に聞く時鳥
   埜崎 寿江(ひさえ)
巡礼の足を止めたる時鳥
   宮田 千代子
梅雨もよし師を待つホーム上野駅
   佐々木 榮
持て余す傘一本や梅雨晴間
   小竹 あけみ
仏壇の皿より落つやサクランボ
   小野 瑛子
幼子のほっぺにふるるサクランボ
   南口(なんこう)圭子
子ども部屋空きしままなり梅雨最中
   小泉 淳子

【2018年5月句会】

初夏の潮風遠き故郷かな
   平林 久枝
キラキラと若葉の光る雨上り
   石川 毅(つよし)
更衣して駅員の声軽し
   三浦 まり子
ふらついて襖の穴や更衣
   杉山 朝子
夏立つや田づくり見たし稲恋し
   田中 聖夫(たかお)
吹き晴れて話の尽きぬ夏の旅
   埜崎 寿江(ひさえ)
踏まれてる雑草強し若葉見る
   宮田 千代子
初夏や犬の目つむるトリミング
   佐々木 榮
初夏や光の中の早瀬川
   小竹 あけみ
これは派手これは地味やと初夏の午後
   小野 瑛子
チャリでゆく中野通りや若葉風
   南口(なんこう)圭子
髪切って初夏へ飛び出す女の子
   小泉 淳子

【2018年4月句会】

手のひらに仔猫を置いて去る娘
   平林 久枝
クラス替悲喜こもごもの四月かな
   石川 毅
急降下尾長に子猫首すくめ
   三浦 まり子
八重桜ライトをあびて他をも美化
   杉山 朝子
子猫らのしがみつく手手母たまらん
   田中 聖夫(たかお)
年重ね耐えて辛抱四月来る
   埜崎 寿江
ありがとう七十七の四月なり
   宮田 千代子
夜桜の闇に黙(もだ)せる少女かな
   佐々木 榮
四月馬鹿ふわりふわりと風とおる
   小竹 あけみ
未知という希望に向う四月かな
   南口(なんこう)圭子
真っ直ぐに行ってきますという四月
   小泉 淳子

ひとりで悩んでいないで、ご一緒に!一緒に暮らしやすい中野の街を作りましょう!

Scroll Up