りんくる中野_イメージ画像

りんくる中野

IMG_2225

平成27年7月22日、りんくる講演会

「耳で読む!? ~あたらしいDAISYを知ろう~」

「音訳」という言葉をお聞きになったことがありますか?

 中視協では、平成23年、音訳に携わるボランティアの皆さんのご協力の元、『りんくる中野』というグループを立ち上げました。区内外に置いて、視覚障害者の情報入手の支援を目的に様々な活動をしています。その中でも主要な活動の一つが「広報誌等の音声版の作成」です。特に中途失明者が増加する傾向にある昨今、視覚障害者の主要文字である点字の読み書きに困難を感じる人たちも増えており、日常の生活に、音声情報は欠かせない存在となっています。情報弱者とも言われる、視覚にも不自由さを感じておられる方々の、生活の一翼を担えるよう活動をして参ります。

りんくる中野は・・・視覚障害者の「耳で読む」を「音訳」で支援します!

30名ほどのボランティアスタッフが、広報誌をはじめとして様々な「印刷された文字情報を声に出して読み録音。テープやCDにする=音訳」活動をしています。音訳では、文字だけでなく、写真や表なども言葉によって表現し、墨字原本と同等量の情報提供を目指します。

文字を読むことに不自由さを感じている皆さんへ

 数年前まで、音声情報を聞く手段としては、カセットテープを使用していましたが、最近では、様々な再生機の開発が進み、デジタル化された音声データをCDやカード等に収録して専用の再生機で聞く方法が主流になりました。データには作成時DAISY(デイジー)編集が施され、読書の際にページで検索したり、しおりを挟んだり取り扱いが便利になっております。専用機器では音質も格段によくなり自分に合った速さで聞くことも出来るようになりました。りんくる中野では、デイジー版のデータを再生する機器の取り扱い講習会を開催しています。中野近隣にお住いの当事者の皆さんで、一度聞いてみたい、使ってみたい、という方はぜひ中野区視覚障害者福祉協会・りんくる中野 電話 03-3383-4774までご連絡下さい。

りんくる中野では次のような活動をしています。
① 中野区発行の広報誌等の音声版の作成・・・声のなかの区報、声の区議会だより、声のないせす、声の私の便利帳(抜粋版)、声の福祉のしおり(抜粋版)
② 他団体や個人のご依頼による墨字情報、図書等の音声版の作成(テープ、CD、DAISY版CD)
③ 講演会や講習会の開催 → 別項目参照

音訳者の方へ

 りんくる中野では、一緒に活動してくださる音訳者の方を募集しています(60歳くらいまでの、パソコンで文章作成出来る男性、女性)。興味のある方、既に活動中の方、ご一報ください!月1回程度の勉強会を実施していますので、一度参加してみませんか?

ひとりで悩んでいないで、ご一緒に!一緒に暮らしやすい中野の街を作りましょう!

Scroll Up