中盲ナビックス イメージ画像

中盲ナビックス

中盲ナビックス居宅介護事業所は、中野区視覚障害者福祉協会が母体となって運営する事業所です。当事業所は、中野区から基準該当事業所の認可を受けて、視覚障害者のための同行援護従業者(ガイドヘルパー)の派遣事業を主におこなっています。

 

平成29年2月22日、ナビックス研修
「障害者差別解消法の考察」と題して、大胡田弁護士による講演会を開きました。

 

s-pb100215

平成28年11月10日、ナビックス研修
池袋防災館にて、地震、消火等の防災訓練の様子。

 

s-p7260051

平成28年7月26日、ナビックス研修
「視覚障害者への理解を深める」をテーマにガイドヘルパーの方々によるアイマスクをしての独歩、買い物体験。

 

s-img_2438

平成28年2月22日、ナビックス研修
「虐待防止に関しての考察」と題して弁護士による講演会を開きました。

DSC_1426a

平成27年7月16日、ナビックス研修
中野消防署で、「AEDと応急処置」を学びました。

ご利用にあたって(視覚障害者のかたへ)

概要

当事業所では、視覚障害者の外出等の支援のために、ガイドヘルパーを派遣いたします。たとえば、コンサート、買物、映画鑑賞会、そして旅行などにガイドヘルパーが同行し、安全な外出と情報提供等をいたします。また、役所、金融機関等で必要な手続きをする場合などは、ガイドヘルパーが代読・代筆の支援もいたします。そして、母体の中野区視覚障害者福祉協会のクラブ活動、各種行事など(詳しくは中野区視覚障害者福祉協会のホームページを是非ご覧ください)に参加されるときにも、当事業所にご連絡して頂けましたらガイドヘルパーのサポートを受けることができます。

手続き

ご利用にあたっては、まず、お住いの市区町村から、障害者総合支援法にもとづく障害者福祉サービスの受給決定を受けてください(同行援護サービスを受けられる時間(月に何時間)が決まります。その上で、中盲ナビックスと同行援護サービス提供の契約をお願いします。以上の手続きで、同行援護サービスのご利用、すなわちガイドヘルパーによる外出支援が受けられます。
詳しくは、中盲ナビックス(電話番号 03-6382-6444)までお問い合わせ下さい。ガイドヘルパー派遣を調整する「サービス提供責任者」(2名)がご案内いたします。

ガイドヘルパーの有資格者のかた、これから資格取得されるかたへ
~ 当事業所との契約・登録を!

有資格者の方へ

既に他の事業所でガイドヘルパーとして活動なさっている方、有資格者で今は活動されていない方、中盲ナビックスとガイドヘルパー契約をし、登録しませんか。他の事業所に登録し活動なさっている方でも、当事業所との契約・登録は可能です。当事業所とも契約・登録いただき、活動の輪を広げて見ませんか。資格は持っているけど今は活動していないという方も、どうぞこの機会に、契約・登録しませんか。お待ちしています。

これから資格取得される方へ

同行援護従業者(ガイドヘルパー)として活動するには、「同行援護従業者養成研修(一般過程)」を修了する必要があります。民間の養成機関や市区町村が行う研修を受講していただく必要があります。修了証明書を受け取られましたら、中盲ナビックスまでご連絡ください。契約・登録に必要な手続きをご案内させて頂きます。
詳しくは、中盲ナビックス(電話番号 03-6382-6444)までお問い合わせ下さい。ガイドヘルパー派遣を調整する「サービス提供責任者」(2名)がご案内いたします。

お問い合わせ先:中盲ナビックス居宅介護事業所 電話番号 03-6382-6444
メールでのお問い合わせは、こちらから
管理責任者:小平健司

ナビックス研修会報告

ひとりで悩んでいないで、ご一緒に!一緒に暮らしやすい中野の街を作りましょう!

Scroll Up