ボランティア イメージ画像

寄付&ボランティア

寄付物品などについて

◎書き損じ葉書、使用済切手、未使用のテレホンカード・クオカード・収入印紙など。

◎古切手(封筒などの台紙を3ミリ四方、残したままお送り下さい)

◎ その他、バザーにて頒布可能な品(古着はお受け出来かねることがあります)これら、いただいた品々は、郵券と交換したり、バザーなどにより頒布いたしま す。中途失明者の自立厚生の場、自立センター治療室の運営や、音訳従事者養成、当会の実施するクラブ活動などに有効に活用させていただいています。〔活動内容の概要を、ご参照下さい〕

◎ とりわけ、書き損じ葉書の収集は、昭和56年から、全国に先駆けて当会で開始し、「自立センター治療室」の開設や、「盲人いこいの家」の確保として実を結 びつつあります。会社や学校単位での収集協力も行っていただき、お一人お一人の心温かい善意に支えられての当会の活動です。今後とも、一層のご協力を、心 よりお願いいたします。

◎尚、これまでご寄付いただきました使用済みのカード類につきましては、収集を終了させていただいております。長年のお心寄せに感謝申し上げます。

◎寄付物品の送付先、問い合わせは
〒164-0001 中野区中野2-29-15 サンハイツ中野408号室(2017/03/01 309号室から引っ越し)
電話番号:03-3383-4774 いこいの家・当会事務所まで
ご連絡よろしくお願いいたします。

[戻る]

お手伝いいただける方

◎ご寄付頂いた、書き損じ葉書や古切手等の整理は、多くのボランティアの皆様のお力を、お借りして行っています。お手伝い頂ける方、ご連絡をお待ちしています。

◎活動場所は、中野駅南口から徒歩2分、サンハイツ中野(マンション)の4階、いこいの家、当会事務室となります。活動日、時間等については、お問い合わせ下さい。電話番号:03-3383-4774

◎寄付物品の整理の他にも、当会の様々な事業にご協力いただける方、お気軽にご連絡下さい。

[戻る]

ひとりで悩んでいないで、ご一緒に!一緒に暮らしやすい中野の街を作りましょう!

Scroll Up