「俳句教室「かもめ句会」」カテゴリーアーカイブ

かもめ句会作品集(2021年度)

【2021年6月句会】

六月の兼題
「ひまわり」「冷房」「西瓜」

向日葵に人声のある夜明けかな
刃を入れて張りつめしもの解く西瓜
両腕を撫して出てゆく冷房車
講師:佛渕雀羅

我よりも高き向日葵夕日中
久枝

ひまわりとせいくらべする子供かな

ひまわりの中彷徨いて出口何処
まり子

茅葺きの南北開けて冷房に
朝子

冷房や猫のためには弱とせり
聖夫

スイカ割り目隠しなくても楽しめる
多恵

影伸ばす向日葵地蔵夕影に
寿江

頬に種つけて西瓜を食べる子ら

ひまわりと子の背比べし社宅かな
圭子

ひまわりの少し下向く道の端
淳子

ひまわりやいつも前向きコンサート
まちこ

声援に足がよろける西瓜割り
詠子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【2021年5月句会】

五月の兼題
「新茶」「母の日」「夏めく」

夏めくやマイクが咳を拾ふ駅
たんねんに墨摺り終へて新茶かな
母の日やワイングラスに梅の青
講師:佛渕雀羅

隔ててもともに味わう新茶かな
久枝

夏めくやサンダル履いている素足

母の日にいつも送った夜の梅
まり子

東京へ出て知る母の日は遠し
朝子

新茶畑光のなかの波蒼し
聖夫

ハンカチを染める新茶に笑みこぼれ
多恵

母の日や思ひ叶はぬ旅行券
寿江

仏壇の向こうの君に新茶かな
圭子

母の日や供えしゼリー透き通る
淳子

コロナ禍にホットひと息新茶の香
まちこ

半身を緑に染めて茶摘み人
詠子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【2021年4月句会】

四月の兼題
「ゆく春」「蜜蜂」「チューリップ」

ゆく春や猫に捨つべき過去あまた
蜜蜂の帰りそびれし湖の風
バナナ剥くやうに崩るるチューリップ
講師:佛渕雀羅

ゆく春や片道切符我も又
久枝

蜜蜂や蜜を求めてどこまでも

チューリップ側で黒猫ころりころ
まり子

富山より朝のテレビのチューリップ
朝子

ゆく春を惜しまず我は病床に
聖夫

この家に咲く折紙のチューリップ
多恵

蜜蜂やコロナ知らずの蜜集め
寿江

ゆく春や人は去りゆくシャボン玉
圭子

ミツバチの羽音の中や坂の上
淳子

蜜蜂やコロナの街をまっすぐに
まちこ

稚児の絵は背丈と同じチューリップ
詠子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *